会報357号掲載 クラス会

大20生クラス会

 2年前のクラス会で決まった「富士山巡り」が実現しました。2015年11月8日新幹線の新富士駅に13名が四国、関西、名古屋、東京方面から集合。小雨の中、富士山は顔を出してくれませんでしたが、富士宮浅間神社、白糸の滝を回って、田貫湖国民休暇村に宿泊しました。

 休暇村の夜は、卒業で遠く離れて以来初めて、再会した友や研究室の仲間、クラブの仲間などとの積もる話に花が咲いていました。

2日目の朝、部屋から全景が見えるはずの富士山は、すそ野を少し見せるだけでした。本栖湖、富岳風穴、河口湖、そして御師の家外川家、富士山北口浅間神社と回って、最後の訪問の地「忍野八海」へ。

 ここでご褒美が!雲が少し晴れて富士山が顔を出してくれたのです。すかさず撮ったのがこの写真です。背景に富士山の姿が見えるでしょうか。

次回の担当の方にバトンタッチして、新富士駅で解散しました。 

                            (桑原 照子)

 

大24社クラス会

 2016年6月18日、京都平安ホテルで20名が出席して3年ぶりのクラス会を開きました。

 今年は卒業40年になりますが、会えば学生時代にタイムスリップして、次々に思い出話が登場し大いに盛り上がりました。

 仕事に一区切りをつけた人もいますが、いろいろな活動に加え、親の介護や家族のことに忙しい毎日を送っている様子。近況報告に頷きながら背中を押してもらったような気持ちになりました。お互いに元気で、これからの時間を大切にしたいと思ったひとときでした。

 次回は数年後の予定です。今回出席できなかった方たちとの再会も楽しみにしています。     (小橋 京子)

 

大26国クラス会

 2016年5月15日ホテルホップインで、片桐先生をお迎えしてクラス会を開催しました。

 今年は還暦という節目の年でもあり、卒業後初めて参加の方や、遠く千葉や神奈川、香川からも駆けつけてくださる方もあって、24人の盛会となりました。

 一目見るなり、面影に声に、青春の日々が蘇りました。近況報告では、現役で活躍されている方、定年退職後も引き続き仕事を頑張っている方、趣味や新たな世界で活躍されている方、親の介護に奮闘されている方、ご自身の闘病と向き合っている方など、どの方のお話も、それぞれに興味深く、感動的な内容で、もっともっと伺いたいと思ったのですが、時間はあっという間に過ぎてしまいました。

 片桐先生はちょうど、ご本の執筆を終えられたところで、年月を経てなお変わらぬご活躍に、このような偉大な先生に担任していただいたのだと改めて誇らしく思いました。次回は2年後に、同じ場所で開催いたしますので、多くの方々の参加をお待ちしています。            (樫畑 紀子)

 

 

大32基クラス会

 2016年6月5日(日)、斐文会総会・講座・懇親会が、三井ガーデンホテル大阪淀屋橋で開催され、わがクラス恒例?!のクラス会を3年ぶりに行いました。

13名の参加でしたが、久しぶりの顔が… 東京や名古屋からこの日のために駆けつけてくれました。「あの人誰だったっけ。えーっと」と名前がすぐ出てこない年齢になってしまいましたが、皆さんの変わらぬ笑顔と絶え間ないおしゃべりで、大学時代にタイムスリップしたかのような楽しい時間を過ごすことができました。

 次回は「2年後の総会でお会いしましょう」と約束しました。

                            (瀬島 浩子)

 

 

本部事務局は2019年12月24日~2020年1月5日まで冬季休暇となります。ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。